上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こちらを是非お読みください!
お金の観念浄化←ココをクリック


まだアセンションについて書いていなかったので
書こうと思います。

アセンションって何?と普通の人はほとんど知らないでしょう。

スピリチュアル好きの人は知っていると思いますが・・・。

ではアセンションていったい何なのでしょう?

それは簡単にいうと次元上昇です。

今は3次元です。
それがアセンションすることで5次元になるそうです。

10次元まであるそうですが、
12次元まであるという人もいますので、はっきりとは分かりません。

もちろん上に行くほど魂のレベルが上がり、神に近くなります。

つまりどういう事か分かりやすく学校に例えると、
幼稚園から中学校まで12学年あるとします。

今、地球は3次元ですので幼稚園の年長組です。
かなり低いですね!(笑)

そして今度アセンションすることで、小学校2年生まで進学します。

簡単に分かりやすく言うとそういう事です。

つまり次元が上昇するという事は魂のレベルが上がるという事です。

進化するという事です。

しかし中学までありますのでまだまだですね。

しかも今の地球人は幼稚園児です。

幼稚園児の頭で、小学校、中学校のことが分かるはずありません。

今の地球人は、幼稚園児の頭で考え出した科学や知識ですべてを分かった
ような気になっています。

幼稚園の常識の中で生きています。

まさに井の中の蛙ですね。

ではアセンションした後の小学校2年生の世界はどのような世界なのか?

それは誰も経験していないのではっきりとは分かりません。

しかし日月紳示には「ミロクの世」と示されています。

どういう事かと言うと地上天国になるのだそうです。

今のような物質状態ではなく、半霊半物質状態になるのだそうです。

幼稚園児の地球人では想像もできませんが、
想像できないくらい素晴らしい世界なのだそうです。

しかし、全人類が進学できるわけではありません。

今のままでは落第する人が非常に多いと思います。

僕自身も進学できるのかな・・・?(笑)

このアセンションという進学をするには、災難という進学テストを
受けなければなりません。

しかしみなさん一人一人がよい成績をとっていればテストは免除されます。

そうすれば、すんなり5次元に進学できます。

誰でも免除されたいでしょう?

そのためには、ひとりひとりが自分を磨き、
みんなで力を合わせて地球のために、
人類のために行動するしかありません。

ひとりで考え行動するより、そういう意識を持った仲間と
行動した方が、よりパワーが出ます。

一本の矢はすぐに折れてしまいますが、3本束ねれば折れにくくなります。

さらに一本一本の意識を増してさらに多く束ねれば、とても強固な力になります。

ですので誰にも言えず1人で考えている人は、
ぜひ自分達仲間といっしょに行動しましょう!

地球は過去に6回アセンションに失敗しています。

今度は7回目で後がありません。

ですので必ず成功させねばなりません。

時間もあまりありません。

期限は2012年です。

あと4年です。

しかし加速度的に時間が速まっていますので
実際は4年ありません。

早くしないと間に合いません。

みんなでいっしょに行動して、
ワクワクしながら楽しく進学、アセンションしましょう。

最後まで読んで頂いて有難うございます。


世界中の人々が一日でも早く目覚めますように!
地球が愛に満ちた平和な世界でありますように!



ブログランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ クリックしてね!
スポンサーサイト
2008.06.27 Fri l アセンション l COM(1) TB(0) l top ▲
こちらを是非お読みください!
お金の観念浄化←ココをクリック


ウィキペディアでプロパガンダを見ると
「プロパガンダ(Propaganda)とは国家や政府、
政権政党が権力のもとに特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する国策宣伝。
有事下の情報・心理戦の技術の一つであり、
しばしば政治的な内容や圧力を持つ。
ラテン語のpropagare(繁殖させる)に由来する。」とあります。

プロパガンダという言葉を聞いたことのある人も意味まで
ちゃんと理解している人は少ないのではないでしょうか。

この言葉を聞いたことの無い人、知らない人もいるのではないでしょうか。

今の地球はプロパガンダで満ちています。

嘘の情報があふれています。

その情報をメディアなどでいかにも本当のことのように流しています。

大半の人が本当の事だと思い込み、嘘の情報が常識となって
広がって行きます。

そのような事が意図的に行われています。

まさしくラテン語のpropagare(繁殖させる)です。

世の中を善くするためにこの方法が使われるのでしたら良いのですが、
大半は悪い事に使われているように思います。

地球温暖化の二酸化炭素説はまさにプロパガンダです。

宗教などにもプロパガンダは信者の洗脳のために使われます。

宗教に限らず、一般の人はプロパガンダによって少なからず洗脳されています。

ハリウッド映画もプロパガンダで使われているそうですよ。

ハリウッド映画は、ほとんどがアメリカ正義で描かれています。

アメリカというと世界の警察というか世界を正義のもとで守っているという
イメージがありますが、それは映画などの影響が大きいようです。

アメリカのカルチャーは僕は大好きです。

音楽も聴きますし、スポーツもします。

それに今度始めるビジネスもアメリカのビジネスです。

アメリカンドリームという言葉も良い響きですね。

しかし政府や政治、経済は好きではありません。

M&Aなどもどうかと思います。

お金があれば伝統のある会社を創業者や社員などの意思を無視して
乗っ取ってもいいのでしょうか?

まさにお金があれば何でも買えるまさに拝金主義です。

今の世界は確かにお金がなければなにもできません。

お金の観念浄化の記事でも書きましたが、どういうふうに使うかが重要です。

しかしお金がすべてではありません。

お金があれば何でもできる、お金がすべてだと思っている人は
かなりプロパガンダで洗脳されてますよ。(笑)

民主主義、自由主義と言いながら、みんなお金に縛られ、支配され、
洗脳されています。

みなさんはお金がすべてにおいて余計なものだと想像できますか?

お金がない世界を想像できますか?

生まれてからずっとお金で育ってますから
なかなか想像できないかもしれませんが、
よくよく考えればお金が余計なもので、
むしろ無い方が世の中がうまくいくことが
分かると思います。

それでも分からない人は気をつけないとお金と共に無くなってしまいますよ!(笑)

冗談はさておき、いずれお金は無くなります。

僕の貯金してるお金が無くなるという意味ではないですよ。(笑)

お金というシステムが無くなるという意味です。

無くさなければなりません。

そのためにはお金でお金を浄化しなければなりません。

お金が無くなれば営利主義も無くなり、営利主義が無くなれば
利益追求とかコストとか関係ないので本当によい製品が生産できます。

それを必要な人が必要な分だけ貰えれば、お金のいる今の世の中より
ずっと豊かで平和な世の中になります。

利益追求やコストが関係なくなれば、今問題になっている食品偽装なども
なくなります。

お金のために働くのではなく、人のために働くのです。

みんながあらゆる分野で人のために、世の中のために働けば
お金の存在価値がなくなります。

そうすればお金の無い世界が実現します。

本当の世界平和が実現します。

今までの3次元の世界ではお金は必要でしたが
これからは必要ありません。

みなさんも早くこの事に気づき、お金という世界最大のプロパガンダから
開放されてください。

そしてお金の無い世界を実現するために共に行動しましょう!

最後までお付き合いいただき有難うございました。

実現するためのビジネスです。
こちらを是非御覧下さい!
ACN 世界最大のMLM通信会社 日本上陸間近!
←ココをクリック 

世界中の人々が一日でも早く目覚めますように!
地球が愛に満ちた平和な世界でありますように!


ブログランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ クリックしてね!



2008.06.25 Wed l 地球 l COM(0) TB(0) l top ▲
こちらを是非お読みください!
お金の観念浄化←ココをクリ



今日は日本人の食について書こうと思います。

今の日本人は、焼肉やファーストフードなどとにかく肉を使った料理を
好んで食べています。

休日はファーストフード店の前は車の渋滞が出来ていたり
焼肉屋も人気店は行列が出来ています。

そしていちばん高級で好まれている肉は霜降りといわれる
脂がぎっしり詰まった和牛です。

僕も昔は肉類が大好物で、野菜も好きでしたがどちらかというと
肉中心の食生活をしていました。

食べる事も大好きで、うまい店があると聞くとすぐに行って
腹いっぱい食べてました。

特に揚げ物や洋食、肉も脂身が大好きでした。

お陰様で当時は今より10キロ以上オデブチャンでした。

今流行のメタボッてやつですね。

流行に敏感なもので・・・(笑)

それに当時は肩がすぐにこって偏頭痛がしたり、動悸がしたりしていました。

まさに成人病まっしぐらです。

そりゃそうですよね、成人病になるためのフルコースを毎日食べてたんですから。

あのまま食べ続けてたらアセンション前にしてあの世行きだったでしょうね。

気づいてよかった!

でも気づいたというより体がうけつけなくなってきたんですね、僕の場合。

汚い話ですが、お肉を食べると下痢するようになって、それでも食べてたら
だんだん美味しく感じなくなってきました。

そういう時に日月紳示を読み、そう言うことだったのね、と肉をやめました。

でも僕の場合肉は食べてませんが、魚介類は食べています。

完全にベジタリアンでも野菜穀物大好きなので僕自身は全然問題ないんですが、
まわりの家族などに負担がかかりますので・・・。

でも今の食生活でも体重も減って体調も昔とくらべると全然良いです。

それに野菜や穀物の美味しさをさらに感じるようになりました。

波乗りやフットサルなどのスポーツをしてるのですが、
まわりの友達より体力がかなりアップしました。

今はちょっとやそっとじゃ息切れしません。

食べ物でこんなに変わるなんて、やっぱり食べ物は人間にとって
重要なんですね。

ベジタリアンになればさらにすごいんでしょうね。

アメリカの大学で「肉食と耐久力」という実験が行われたそうです。

肉を食べる人達と全く食べない人達とで体力テストをしたそうです。

スクワットなどの体力測定をしたそうですが、明らかに肉を食べない人達の方が

体力があったそうです。しかも圧勝だったそうですよ。

さらに実験に参加した人達は、肉を食べない人達は
特別に運動をしていない全くの一般人だったのに対し
肉食の人達は全員が運動を専門にしている人達だったそうです。

この事からも菜食の方が肉食よりスタミナと力が出る事が分かると思います。

肉を食べないとスタミナが出ないとよく言われますが、何の根拠もない事で
むしろ逆なんですね。

ボディービルをしている人も、菜食の方がきれいな筋肉がついて
ハリもよくなるみたいですよ。

そして肉食は環境にもかなり悪影響があるようです。

牛一頭を育てるのに穀物を生産するよりも10倍の広さの土地が
必要と言われているそうです。

そして牛肉を1キロ生産するのに、およそ7倍の7キロの穀物飼料が
必要だそうです。
豚肉は4倍の4キロ、鶏肉は2倍の2キロの穀物が餌として必要に
なるそうですよ。

その食肉産業で使われる飼料や牧畜のためにすごいスピードで
熱帯雨林が無くなっていってるそうです。

毎年四国と九州をあわせた面積の熱帯雨林が失われています。

また糞尿からでるメタンガスが二酸化炭素より25倍も温室効果が
あるそうです。

牛だけで地上から発生するメタンガスの12パーセントが放出されて
います。

二酸化炭素削減やエコと叫びながら焼肉を腹いっぱい食べてませんか?

肉を食べながらエコについてみんなで話してたりして・・・?

あなたが肉食をやめる事の方がマイエコバッグやハイブリットカーなどよりも
よっぽど環境にやさしいしエコにもなるし温暖化対策にもなりますよ!

まぁ温暖化に関しては前にも書きましたが、他に原因があるんですが・・・。

それに今約8億人の人々が飢餓状態にあるのだそうですが
家畜に使われている世界のトウモロコシ4億トンのうちのたった10分の1
にあたる4千万トンをその8億人の人々にまわしてあげれば、
飢餓から救われるのだそうです。

そのためには僕達みんなが10回に1回だけ、肉食をやめればよいそうです。

完全に肉食をやめるのがいちばんなのでしょうが、まわりとの兼ね合いも
ありますし、調和もしていかないとエコならぬエゴになってしまいます。

ですのでまわりと調和をしながら、できるだけ肉を食べないようにして
少しずつ減らしていけば良いのではないでしょうか。

話は変わりますが、人間の歯の形状は肉食動物とは明らかに違います。

雑食性の動物とも違います。

草食動物の歯の形状にそっくりです。

これは世界中のどの人種もいっしょです。

日本人は一般的に肉を食べだしたのはここ何十年のことです。

それまでは穀物や野菜、魚介類が中心でした。

歯の形状を見ても分かるとおり、人間は草食がいちばん適しています。

日本人は特に体も草食用にできています。

外国人にくらべ腸の長さが2メーター長いのだそうです。

動物を見ても肉食動物より草食動物の方が腸が長いのです。

やはり日本人の食べるべき食料は穀物野菜を中心にした食事です。

「日月紳示」
四ツ足を食ってはならん。共食いとなるぞ。
草木から動物生まれると申してあろう。
臣民の食べ物は、五穀野菜の類であるぞ。
(日月紳示は人により解釈が異なります。直感で感じて下さい)

四ツ足とは哺乳類や鳥類の事です。
人間は同じ哺乳類ですので、牛や豚羊などを食べると共食いになるそうです。

肉類を食べるという事はメグリ(カルマ)を体に入れるのと同じだそうです。

ですので肉を食べているかぎり、身魂磨きは出来ないそうです。

その人が食べてる食べ物と魂のレベルは比例するそうですよ。

「日月紳示」
牛の物食べると牛のようになるぞ。
猿は猿、虎は虎となるのざぞ。
臣民の食べ物は定まっているのざぞ。
いよいよとなりて何でも食べねばならぬようになりたら、
虎は虎となるぞ。
獣と神とが分かれると申してあろがな。
縁ある臣民に知らせておけよ、日本中に知らせておけよ、
世界中に知らせてやれよ
(日月紳示は人により解釈が異なります。直感で感じて下さい)

「日月紳示」
日本には、五穀、海のもの、野のもの、山のもの、
みな人民の食いて生くべきもの、作らしてあるのぢゃぞ。
日本人には、肉類禁物ぢゃぞ。
今に食い物の騒動激しくなると申してあること忘れるなよ。
今度は共食いとなるから、共食いならんから、
今から心鍛えて食い物大切にせよ
(日月紳示は人により解釈が異なります。直感で感じて下さい)

どうでしょうか?

まずは食から見直していくのがいちばんです。

見直していかなければいけません。

この記事を読んで何か感じた人は、少しずつでも食生活を
変える努力をしてみてください。

今日の記事は中矢伸一さんの「日月紳示 完全ガイド&ナビゲーション」を
参考に書かせて頂きました。
興味のある方はぜひ読んでみてください。

そして藤本玄さんのブログ「温故知新・2012年アセンションに向かって
にも食に関する記事が詳しく載ってますのでぜひ読んでください。

最後までお付き合いありがとうございました。

世界中の人々が一日でも早く目覚めますように!
地球が平和で愛に満ちた世界でありますように!


ブログランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ クリックしてね!








2008.06.19 Thu l l COM(3) TB(0) l top ▲
こちらを是非お読みください!
お金の観念浄化←ココをクリック


先日、M・ナイト・シャマラン監督のヴィレッジという映画を見ました。

この人はシックス・センスやサインなどを撮った監督です。

メッセージ色のつよい作品を撮ることで有名だそうです。

このヴィレッジもかなりメッセージがあると思いました。

人それぞれ捉え方は違うと思いますが、僕には今の地球を
見ているようでした。

ある村が舞台なのですが、一見すると村人の笑顔もたえず
凄く平和で幸せそうに見えます。

しかしその村とそこに住む人々は、完全に周りの世界と遮断され
閉鎖されています。

そしてその村には、村から出てはいけないという絶対破ってはならない掟があり、
破ってしまうと魔物が村を襲って来ます。

破らなければ襲ってこないのですが、時々村のはずれに
魔物の仕業と思われる動物の死体が落ちていて、村人に恐怖心を植え付けます。

村人はその恐怖の為に、村から外の世界に出ることができません。

そのため村で生まれた若者達は、掟に従うよう教育され
その常識の中で平和と幸せを装って生活していきます。

しかしその掟や魔物は、長老達が村人達を村から出さないために
仕組んだ罠だったのです。

若者達は完全に現代社会と遮断され、村の中で起こることがすべて
村の掟、常識、生活がすべての世界として生きていきます。

長老達が石屋(フリーメーソン)、若者達を一般庶民に置き換えてみると・・・

まるで今の地球を見ているようです。

まぁこの映画の長老達は、村を支配する為ではなく守る為に
していたのですが・・・

今の地球の人々は、お金、科学、学校教育、政治、資本主義などの掟に
従って生きています。

地球で起こる事がすべて、地球の常識がすべて、今まで生きてきて
学校などで得た知識がすべてと思っている人がほとんどです。

そのすべてが、長老(石屋)たちが仕組んだ罠だとしたら・・・

外の世界のことは全く考えられなくなっていませんか?

もっと違った視点から見ると、色々と見えて来ますよ。

宇宙は人間が思っている以上に広大で、
その中の非常にちっぽけな地球に住んでいる人間が作り出した常識なんて
とってもとってもちっさい事なのです。

その常識に従いしがみついてると、本当の事が全く見えなくなります。

この宇宙に、地球だけにしか知的生命体がいないなんてありえません。

地球だけしかいないと思っている人は科学者や学校教育や
マスコミを鵜呑みにして自分の知識にしています。

それは村の若者達が、長老達の言う事を信じ込んでいるのといっしょです。

そういう人は、見えない世界の事はもちろん信じられませんし、信じようともしません。

しかし、この宇宙すべての惑星に知的生命体はいますし、
見えない世界も間違いなくあります。

むしろ地球人はかなりレベルの低い生命体です。

こんなにちっさな地球という村で得た常識を早く捨てて
もっと宇宙や見えないスピリチュアルな世界に目を向けなければ
石屋の世界のままです。

世界は映画以上にドラマチックに動いています。

こんなに小さな地球ですが、宇宙での役割は大きいと思います。

その役割を果たすためには地球に住んでいる人々、日本に住んでいる
日本人の意識が重要だと思います。

まだこの現代社会という夢の世界にいる人は、早く目覚めてください。

気づいてください。

このままでは間に合わなくなりますよ!

そして目覚めた人は地球の為に、人類の為に、どんどん行動して行きましょう。

最後までお付き合いありがとうございました。

世界中の人々が1日でも早くめざめますように!

地球が愛に満ちた平和な世界でありますように!


ブログランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ クリックしてね!
2008.06.16 Mon l 地球 l COM(0) TB(0) l top ▲
こちらを是非お読みください!
お金の観念浄化←ココをクリック



今日は、ブログのタイトルにもなっているメリケンコについて書こうと
思います。

まず、なぜこのブログのタイトルがメリケンコになったのか?

それはブログを立ち上げようと思っていた時に、夜寝てたら2時か3時位に
急に目が覚めて、その瞬間「メリケンコ」が頭の中いっぱいに広がっていました。

そしてその後、ブログのタイトルというイメージが頭の中に入ってきて・・・。

こんな事ははじめてだったので、とにかくビックリ!でした。

声が聞こえたとかではなく、頭の中がメリケンコという言葉で強烈に
埋め尽くされていたという感じです。

本当に不思議な体験でした。

そこで自分では訳が分からなかったので、スピリチュアル系の
ブログを書かれている藤本さんに相談したところ、
「それは、食料などのスピリチュアル系ブログを立ち上げ
なさいという事です」と返事をもらいましたので、
このブログを立ち上げることにしました。

そういう訳でタイトルがメリケンコとなったのですが、
メリケン粉というとアメリカン粉、そう小麦粉のことです。
今は、あまりメリケン粉とは呼ばれていませんので
若い方は知らない人もいるでしょう。

かと言って僕はそんなに歳とってませんが・・・。(自分では若いつもり?)

メリケン粉は小麦粉の事ですが、うどん粉と呼ばれる事もあります。

しかしメリケン粉とうどん粉は同じ小麦粉ですが、決定的な違いがあります。

それは輸入か国産かです。

メリケン粉はアメリカの粉ですから輸入です。

今、日本の小麦粉はその殆んどが輸入です。

他の食料も殆んど輸入に頼っているのが現状です。

日本の自給率はどんどん落ち込んでいます。

食料自給率は40%(カロリーベース)
穀物自給率は28%しかありません。

主要先進国と比べるとダントツ低いです。
悲惨なくらい・・・。

日本はなぜこのような悲惨な状況になったのでしょう。

それは戦後、食糧危機になりアメリカの政策で
農業貿易促進援助法という法を作って日本を支援したのが
はじまりです。

その法は、別名「余剰農産物処理法」といいます。

その直後、学校給食法ができます。

当時の学校給食法は極端に言えば米より小麦を、ご飯よりパンを
食べなさいという法でした。

当時のアメリカには大量の小麦などの食料が余っていました。
中には家畜の飼料にしかならない物もあったそうです。

アメリカは援助というかたちで家畜に食べさせていた物まで、
日本に押し付けたのです。

脱脂粉乳などはアメリカでは飼料だったそうです。

そういう物が子供たちの給食に出されていたのです。

確かに食糧難の時代に飼料用といえども援助してくれたことは
有難い事ですし感謝しないといけません。

短い目で見ればそれで助かった方も大勢いるでしょう。

しかし長い目で見たら裏に策略があるように思います。

戦後復興の指揮をとったのはマッカーサーです。

マッカーサーは「食料が占領目的のために必要だ」と言っています。

マッカーサーはフリーメーソンです。

明らかにアメリカ(フリーメーソン)の意図を感じます。

食べ物が人間の精神と体に与える影響は非常に大きいものがあります。

昔の日本人は強い精神力を持ち、和を大事にし、
屈強な体を持っていました。

アメリカはそこを変えようとしたのです。

今の日本人はというと、ちょっとこけただけで骨を折ったり
成人病も精神病も増加しています。

そして最近の若い男は、好きな女性に怖くてプロポーズもできないそうですよ。
情けない話ですよね・・・。

まさにアメリカの思惑どうりです。

アメリカは日本人の食を欧米化し、精神を弱くし骨抜きにしたのです。

日本の政治家を見てみるとアメリカの言いなりで、海外に対して
なにも言えず、まさにクネクネの骨抜き状態です。

日本人の食が欧米化したことで日本食の国産食材より、海外から大量に
輸入した安い食材の方が需要が増し、その結果、自給率低下に繋がって
いきました。

しかし輸入食材には大量の防腐剤や防カビ剤などがかけられています。

そして波動的に見ても食べない方がよいようです。

なぜかというと、それぞれの土地で採れた物はその土地の波動になり
その土地に生まれ住んでいる人の波動と調和するためです。

なので、いくら体に良い物でも違う土地の波動の物を食べ続けると
体調を崩す可能性があるそうです。

だから輸入食材は食べないようにした方がいいと思います。

今、海外では日本食が見直されています。

日本食は、栄養学から見てもバランスのとれた素晴らしい
食文化だそうです。

日本にはこんなに素晴らしい食文化があるのに
こんなに欧米食で病気が増えているのに
なぜ立ち返ろうとしないのでしょうか。

世界的に見てもこんなに短期間で食文化が変わった民族は
ないそうです。
180度変わってしまってます。

テレビではグルメ番組が放映されタレントがあぶらギトギトの
お肉をおいしそうに食べ、それを見た視聴者がその店に列を成し
おいしそうに食べる。

僕も昔はそうでしたので気持ちは分かりますが、
みなさんは、それが体に悪い事、食べ続ければ病気になる事は
誰でも分かってるはずです。

それでも食べてしまうのは、もうタバコや麻薬と一緒です。

確かにあぶらを食べると、脳内に快感物質が出るそうで
それで止められなくなるそうです。

怖いですね・・・・。

しかし、そろそろ立ち返らなければなりません。

本当の日本を、日本人を取り戻すにはまずは食からです。

日月紳示に示されています。
「日本には、五穀、野菜、海、川、いくらでも弥栄の食べ物あるぞ。
人民の食べ物間違えるでないぞ」
(人により解釈が違います)
 
本来の日本食をみなさんが食べるようになれば需要がでてきて
自給率も上がってきます。

そして精神も強くなり、病気も少なくなって良いことづくめです。

そのために農用地の再生、農家の育成などやらなければなりません。

今、全国の仲間とその資金作りをがんばっています。

その資金を作れるビジネスがあります。

一緒に参加したい、仲間になりたい、興味がある方は
いちばん上のお金の観念浄化のリンクか
下のACNのリンクをクリックして読んでください。

そしてぜひ一緒に行動してください。

今日はこれくらいにして、食のつづきはまた後日書きます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

こちらを是非御覧下さい!
ACN 世界最大のMLM通信会社 日本上陸間近!
←ココをクリック 

世界中の人々が一日でも早く目覚めますように!
地球が愛に満ちた平和な世界でありますように!


ブログランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ クリックしてね!
















2008.06.10 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲
こちらを是非お読みください!
お金の観念浄化←ココをクリック


みなさんは「日月紳示」をご存知ですか?

スピリチュアル好きな方は、ほとんどの方が知っていると思いますが
もし知らなければ是非知っておいたほうがいいと思います。

まず読み方は初めての方は「にちげつしんじ」とよく間違えますが
「ひつき」とか「ひつく」と読みます。
「一二三」と書いて「ひふみ紳示」などと呼ぶ事もありまして
特にこういう呼び方が正しいというのはないそうです。

では「日月紳示」とは何かというと昭和19年6月から昭和36年ごろまで
日本画家であり神官もしていた岡本天明さんにおりた啓示です。

千葉県成田市の魔賀多神社の境内末社の「天之日津久神社」に
岡本天明さんが参拝した時に最初におりてきたそうです。

画家が本職であった天明さんは外を出歩く時は矢立と画仙紙を
持ち歩く習慣がありこの日も持っていたそうです。

参拝後、誰もいない社務所で休んでいたところ、突然、右腕が怒張し、
激痛が走って、やむをえず矢立を取り、画仙紙にあてたところ、
勝手に右手が動き出し、スラスラと文字のようなものを書かされたそうです。

以来、この自動書記は、約16年間にわたり、断続的に続けられていきます。

原文の文字はそのほとんどが、一~十までの漢数字で百とか千とか万なども
使われています。
あとは仮名で、ひらがなよりカタカナのほうが多く
数字のみでアレンジされている文もあって、原文はものすごく難解だそうです。

このため天明さん自身も全然読めなかったみたいです。
それでタヌキかキツネの霊だろうということで、初めは相手にしなかったそうです。

しかし仲間の研究家たちと一緒に解読が進められると、
どうも大変な啓示がおりたことがわかったようです。

天明さん自身がわかるまでに、一年ぐらいかかったらしく
初期のころの原文は、捨ててしまったものもあるそうです。

ではどのような神様からおりた紳示かというと、艮の金神(ウシトラノコンジン)です。
艮の金紳は(艮=東北)の方位で鬼門を表し、この方角を侵すと祟りが起きると
言い伝えがあり、祟り神として古来から恐れられてきました。

しかしそれはまったくのでたらめで、人間が考え出した作り話です。

本当の正体は、正式な神名を、「国常立大神」(くにとこたちのおおかみ)
または「国常立尊」(くにとこたちのみこと)といいます。

荒ぶる神とも言われていますが、荒々しい神の意味ではなく実際は
現生る神(あらぶるかみ)、すなわちこの地上界においてあらゆるものの
生成化育(天地自然が万物を生み育てる事)を司る神なのです。

地球がまだ泥の海であった超太古の時代に、地球の修理固成(つくりかため)
の総指揮を取られたという、いわば地上紳界の主宰紳、つまり最高の神なのです。

その最高の神が降ろされた最高レベルの天啓、それが日月紳示なのです。

このようなホンモノの紳示は滅多なことでは降りないようです。

ではなぜ現代に降ろされたのか、
それは現在が歴史的大転換期だからです。

今の世の中、誰が考えてもおかしくなっていると感じてると思います。

地震、台風などの自然災害(人的災害)、世界経済の衰退(資本主義の破壊)
など不安になることだらけです。

まさに今、地球が世界が人類が変わろうとしている大転換期なのです。

日月紳示にはこれからどんな事が起こるのか、そして人類はどのようにしたら
いいのか、人間のあり方、お金のあり方、夫婦のあり方、人間の食べるべき物
宗教のあり方、世界を支配する秘密結社、などなど示されている内容は
多種多様で、一言でどのようなことが書かれているのかは説明できません。

それに日月紳示は人により解釈が様々で紳示の中でも
「この紳示、八通りに読めるのざぞ」と示されています。

さらに「この紳示、心でとりてくだされよ」「裏の裏まで読みて下されよ」と
示されている通り頭で読むのではなく、肚で心で感じ取ように
読まなければ理解できないようです。

人間が書いたレベルの物ではないので、人知では計り知れない奥深さが
あるようです。

この紳示の中には、人類が直面するあらゆる問題の解決策が
書かれているようです。

紳示とか神様とかいうと、宗教くさい、あやしいなどと言って毛嫌いする方が
いますが僕も宗教などはあまり好きではありません。

宗教化したり組織化したりすると必ず人間のエゴ、自我、欲が介入し、
どんどん本来のものとは違ったものになっていきます。

そのことも紳示に示されていて日月紳示は宗教化しようとしても
出来ないようです。

実際そういう動きもあったみたいですが続かなかったそうです。

そして今、世の中は日月紳示に示されている通りに動いているようです。

それはなぜか、それは予言などではなく、実際に世界を地球を宇宙を
動かしている実行されている側の神様が降ろされた紳示だからです。

やはり日月紳示は宗教の枠をこえた、まったく別のもの、
神様が直接、人々に伝える有難いお言葉なのではないでしょうか。

後日、その内容について書いていこうと思います。

最後までお付き合い頂き有難うございました。

尚、日月紳示に興味を持たれた方は、中矢伸一さんの
「日月紳示 完全ガイド&ナビゲーション」を是非ご覧下さい。
そして藤本玄さんのブログ「温故知新・2012年アセンションに向かって」にもくわしく書かれていますので是非ご覧下さい。
 
世界中の人々が一日でも早く目覚めますように!
地球が愛に満ちた平和な世界でありますように!


ブログランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ クリックしてね!
2008.06.03 Tue l 日月紳示 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。